オフィス

管理とそのシステム

企業においては、様々なプロジェクトを同時並行して行っており、これらの適切な管理が重要になる。案件管理を行う場合、システム活用が多いが、パッケージソフトの活用やウェブサービスの利用などでコストを抑えながら管理できる。

詳しく見る

電話

代行サービス

会社の電話代行をしてくれる、電話代行サービス、実際に利用している企業もいるでしょう。電話代行サービスには様々なメリットがあり、それが人気の理由にもなっています。気になる方は、一度確認しておきましょう。

詳しく見る

通話

電話対応を外注化する

電話代行は電話の転送システムを利用し、かかってきた電話を専門オペレーターが代理で応答してくれるサービスです。外回りなどに専念したい、だけど電話番を置くだけの人的余裕がない、などといった小規模事業者を主たる顧客として高い需要があります。

詳しく見る

社内

企業の問合せ対応

コールセンター業務の品質向上手段として有効なのは、情報システムの導入です。導入するシステムを選定する判断基準は大きく二点あります。一点目はターゲットにしている業種で、二点目が利用料金体系です。適切なシステムの選定のためには、自社業務の十分な分析が必要となります。

詳しく見る

男女

外部委託する利点

多くの企業では総務部を持っているが、これらの総務の業務をアウトソーシングする企業が増えている。総務の業務のアウトソーシングでは、社外に出しても良い機械的な作業が一般的である。外部に委託することで、固定の人件費を削減できる。

詳しく見る

想像以上の効率化が可能

メンズ

外注のメリットデメリット

総務部門は日本企業のほとんどすべてにある部門でありながら、具体的な仕事内容となると何をしているのかイマイチわからないという人が多いという部門です。総務部門に人事、経理などが含まれることも多く、それらについては比較的わかりやすいのですが、それ以外にも雑多で細かな業務が多数発生することが多いのです。何でも屋という側面が強いのが総務部門といえるかもしれません。そのような業務内容であることから、これまではアウトソーシングするという考えが起こらない企業が大半でした。アウトソーシングしても経理や人事など特定部門であることが多かったのです。ですが近年ではそこから派生して他の総務仕事を請け負うアウトソーシング会社も増えてきています。これらの請け負い先は、総務部門のアウトソーシングありきでスタートするというよりは、専門分野のアウトソーシングをしているうちに要望が出て請け負うようになったというところが多いです。総務業務をアウトソーシングするメリットは大幅な効率化につながるということです。様々な業務があり、それが幅広い分野にわたっていることから担当者は想像以上の負担を強いられています。人事異動のたびに引き継ぎや教育の必要性も発生してしまうので正社員にまかせるのはかなり効率が悪かったのです。アウトソーシングすることにより想像以上の効率化が可能になります。デメリットとしてはコスト削減にはつながりにくいということです。そのかわり質が高まることが期待できるので、どちらをとるかという問題になります。