電話対応を外注化する

通話

安心して本業に専念

電話代行といえば非常に古くからあるアウトソーシングサービスですが、近年はその有用性が再認識されるようになっています。電話代行は、簡単に言えば自分あてにかかってきた電話を転送し、専門事業者に代理応答してもらうサービスです。転送先ではオペレーターがあらかじめ打ち合わせた企業や個人の名前で対応し、あたかもスタッフの一員であるかのように相手とやり取りします。預かったメッセージは以前は1日分をまとめてファックスで報告するといったやり方が一般的でしたが、現在ではメールで随時報告するスタイルが主流です。また、緊急の場合は携帯電話あてに再転送するサービスを提供している業者もいます。電話代行サービスが再び注目を集めるようになった背景には、起業ブーム等によって小規模事業者が増加しているという現状があります。限られた人数で、時にはたった1人で本業に注力しようとすると、どうしても電話対応が困難になりがちです。そんな時に電話代行サービスを利用すれば、大事な電話を取り損なう心配をしなくて済みます。また、自宅で起業している人などの中には、ビジネスとプライベートの電話をきちんと分けたいという目的で活用しているケースもあります。電話代行の料金体系は、毎月の定額プラスオプション料金というスタイルが一般的です。定額部分は月々のコール数に応じて設定されており、超過分は1件当たりの追加料金がかかります。オプション料金は、スケジュール登録や定休日の通知といった通常外のサービスを依頼した際に必要となります。