外部委託する利点

男女

委託する内容

企業において不可欠な部署として、総務部がある。総務部は、会社の事務的な業務をまとめて行う部署である。大きな企業では必ずある部署であり、小規模な会社であっても、社員が兼務するなど無くてはならい部署になっている。最近では、これらの総務部の業務をアウトソーシングする企業が出ている。これまでは、総務部は会社内の重要な部署であり社内の様々な情報が集まる場所でもあることから、社員が役割を担うことが通常であった。しかし、業務の効率化や人件費削減の観点から、アウトソーシングするケースが増えてきている。総務のアウトソーシングでは、会社の重要情報を扱う内容や判断が必要な内容ではアウトソーシングが難しい。しかし、業務内容によっては機械的な作業も多く、それらの業務についてはアウトソーシングにより外部業者にやってもらうことで人件費を抑えることができる。アウトソーシングできる部分としてあるのが、社内のワークフローなどのマニュアル作成や社内で使用する事務的な書類作成などがある。重要な情報は出すことなく、手順や一般的な企業で広く行われていることは外部委託しても支障が無いため、これらの業務を出すケースが多い。アウトソーシングをすることで、総務部門の人員を削減することができ、固定費の削減に繋げられる。アウトソーシングでは、必要な作業量に応じて委託することができるため、時期により作業量のばらつきがあっても効率化できる。