管理とそのシステム

オフィス

導入方法を検討

企業においては、様々なプロジェクトが同時並行で進行しているケースが多い。1つのプロジェクト単位にメンバを配置し、それらのメンバでプロジェクトを進めていくことが一般的である。これらの進めるべき案件については、一元管理しておくことが重要になる。個々の案件をメンバのみに任せきりになってしまうことで、管理者によるフォローが滞り取り返しのつかない状況に陥ってしまうケースがあるためである。また、案件管理を行っておくことで、現在の状況を把握できるとともに過去案件を参考に出来るなど知識の蓄積という役割も案件管理にはある。案件管理を行う場合には、案件管理システムを導入し管理することが多い。案件管理システムでは自社独自にシステム開発し導入するケースがあるが、この場合、システム導入に数千万円など多額の資金が必要となることもある。その為最近では、パッケージとして販売されている案件管理ソフトを導入したり、ウェブサービスとして活用する場合が多くなっている。ソフト導入の場合には、安い物であれば数十万円程度で購入できる。ウェブサービスの活用になると、さらに初期費用は不要で月額料金の支払いのみで導入することも可能になる。案件管理システムを導入することで、案件の状況が見えやすくなる。その為、次の対策につなげやすくなったり、顧客への満足度を高めることができる。特に、これから受注しようとしている案件については、適切に管理フォローすることで確実な受注に繋げられる。